スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要約筆記者の存在

 昨日元理事のNさんの母上の告別式がありました。
享年78歳と現在ではやや早いお年でした。
故人のご冥福をお祈りいたします。

 Nさんとは長い間共に理事をしておりましたが、
お互い仕事や家庭の都合でしばらくご無沙汰でしたが、
不幸の中でも昔と変わらぬ元気な姿を見られ安心しました。

 今回要約筆記者が前日の通夜から付いて下さっており、
私たちには大変心強い存在であることを改めて認識しました。

 一般参列であれば周囲に合わせて行動すれば何とかなり、
通訳場面も喪主のご挨拶内容ぐらいが中心ですが、
側に控えて適時ノートテイクをして下さることは、
式の開催中の心理的不安を抑えていただけるありがたい存在です。

 今回、喪主Nさん付きにお2人、我々難聴者7名の参列に3人と
手厚く配慮していただきました。ありがとうございました。

要約筆記者との合同研修会

 先週に続き今日も学習でした。

 午前は聴覚障害者センターの聴覚障害者補聴関連備品が
10数年ぶりに更新されたのを機会に、最近の機器の学習です。
以前と比べいろいろ良くなっているようです。

 午後は東京から全難聴要約筆記部長でもあるUさんを講師に
要約筆記利用者と要約筆記者が共に力を発揮するためのポイントを
改めて学びました。

 要約筆記を中心とした話の進め方をされるUさんを見て、
自分の言いたいことのみに神経が行って、聞き手の理解を
あまり考える余裕のない私には耳の痛いお話でした。


理事研修会

大変長らくサボりまして申し訳ありません。

 4日、5日の2日間大津市障害者センターで、
久しぶりの研修会を開催しました。

 1日目は改めて社会福祉法人滋賀県聴覚障害者福祉協会のこと
聴覚障害者センターの事業のこと、みみの里のこと、後援会のことなどを
勉強しました。

 2日目は県の職員さんの障害者差別解消法についてのお話を聞きました。
よく精通されているお話で非常に分かりやすかったです。
私たちの今後の努力次第で法律が生きるものか、
死文化?するかがかかっているのではと思いました。
上手に運用されるよう障害者の立場で進めたいですね。

 通常の理事会もスムーズに話し合えたと思います。
我々難聴者がもっと要約筆記を勉強、活用、啓発する必要があるとも再認識しました。

各地機関紙等受配報告の停止

 これまであまり記述の種が思いつかず、事務局員として動いている事の証明?
のように、各地協会等の送付機関紙紹介をしていましたが、
先ほどアップしたはずが、確認だけで実アップを忘れたようで消滅していました。
 これをきっかけに、あまり意味が無いと思いますので今後は掲載を中止します。

 もちろん関心を引く記事があればその時は紹介させていただきます。御容赦願います。

全難聴要約筆記部の皆さんと交流

 標記役員の皆様が滋賀で2日と3日研修会議をされましたので、
昨晩の懇親会に地元から表敬参加をしました。
 滋賀協会長が全難聴要約筆記部担当理事もあって開かれたのですが、
こうした会合自体がこれまでなかなかできなかったそうです。

 また、近年の要約筆記を取り巻く状況にについて生の声を聞かせてもらい、
浦島太郎状態の私にはとても勉強になりました。

 今後の滋賀の取り組みにもできるだけ参加をしていきたいと思っています。
その手始めに、28日にはパソコンの「はみんぐ」サークルにも、
十数年ぶりに本格?参加しました。できるだけ毎月参加したいと思っております。

faxトラブル

 今日は理事会でした。協議の方は予定通りに進んだのですが、
女性部などから一斉送信faxが届いていないとの指摘を受け、
事務局fax機器の点検やら、電話ラインやら、ルーターやら
様々調べましたが、原因がよくわからず2時間ほど消費していまいました。

 連休初日に会議をしたので、特に福祉大会実行委員会がなくなって、
久しぶりの午後開催で、皆メンバーも会議後の茶話会を楽しみにしていたのに…。
 汗だくの事務局長一人任せもできず皆手伝うような見守るような状況でしたが、
結局解決せず。連休明けに対処することとなりました。
 やむなく一人、二人と帰って、見ているだけの小生も疲れました。

本日の難聴者クラブ

 5ヶ月ぶりの彦根会場で開催しました。
お足の方も不自由な体のKさんが、初参加して下さり、
それもあって大津のYさんも遠くから初参加。
 久しぶりのSさんも遅れてでも顔を出して下さり、
常連のMさんAさんKさんなど8名と久しぶりに賑やかでした。

 昨日の健康学習会も会員6名の参加があり、協会の面目も少しは立ったかと…。

 諸般の事情の中、こうして参加下さるだけありがたいと思わなければ…。

健康学習会&リフレッシュ体操


次の日曜日に以下の行事があります。

健康学習会案内

 毎年聴覚障害当事者の参加がほとんど無いと主催者から苦情が出ています。
自らの問題として是非ともご参加を!

ホームページデータの更新

 昨日、無事定期総会が終了しました。
そこで、ホームページの事業計画などを今27年度に更新しました。
素うどんのようなページですが、よろしくお願いいたします。

昨日の郵便

 今年の定期総会がいよいよ明日に迫りました。
参加予定は38名と往年に比べ淋しい気がしますが、
それでも年一度、常連の会員さんが一堂に会する場ですので、
楽しく意義ある総会であって欲しいですね。

三重県協会「一期一会」79号
千葉県協会「菜の花」159号
岩手県協会「石割ざくら」87号
名古屋市協会「声」184号

定期総会資料印刷

 今日は聴覚障害者センターで事務局長が
定期総会資料の機関紙臨時号を印刷とのことで、
手伝いに行きました。

 しかし、A3用紙両面13枚、各150部印刷なので、
午前中は印刷がほとんどできず、またオペレーターも
内容を理解している事務局長一人で十分なため、
電話代や関西定期刊行物協会の分担金支払い、
下記機関紙整理などで一旦帰宅しています。

 丁合(ページを合わせて紙をそろえる)作業は人手が要るので、
午後に再び応援に出かけます。

 次の日曜日4月19日は年一度の定期総会です。
この資料持参でご参加下さい。
今年は午後に私企画のちょっと難解?クイズも用意しています。
 ビンゴゲーム同様、ちょっとしたお楽しみ景品がありますよ!

本日の郵便は

広島市協会「難聴通信」426号
埼玉県協会「むさしの」334号
奈良県協会「奈良ナニュース」321号
京都府境界「JOHO」163号
全難聴「難聴者の明日」167号
県ろうあ協会「湖国ローアニュース」494号
全要研「全要研ニュース」357号
県社協「ボランティア情報チャンネル」229号
新潟県協会「かがやき」262号

でした。

26年度最終理事会開催

 4月19日(日)の第33回定期総会前の理事会が
本日一日かけてありました。
 昨年度は福祉大会の主管担当でゆっくり協会の活動を
協議できませんでしたが、今年は難聴協会らしい企画に
取り組めると良いですね。

 本日の郵便は溜まっており、以下の通りです。
大阪市協会「大阪市難協」189号
愛知県協会「ひびき」191号
大阪府協会「おおさか府難聴」157号
和歌山県協会「くろしお」4月号
兵庫県協会「兵庫難聴」121号
福井県協会「NPOふくい難聴」91号
京都市協会「京都市難聴」460号
福岡市協会「福博難聴」115号
秋田県協会「稲穂」50号
岡山県協会「岡山難聴」502号
山口県協会「ふく」98号
神戸市協会「協会だより」4月号
全難聴「難聴者の明日」167号
全国盲ろう者協会「コミュニカ」50号
時宝光学新聞4月1日発行
ほかでした。

3月難聴者クラブ

 今日は常連の方3名と特別ゲストの盲ろう者Oさんの参加とやや淋しい
集会でしたが、先日の福祉大会式典での来賓としてのOさんのスーツや
ネクタイなどのコーディネートの話題でそれなりに楽しいクラブでした。

 毎度の郵便は以下のとおりでした。
新潟県協会「かがやき」261号
横浜市協会「エコー」395号
札幌市協会「中失協だより」240号
函館市協会「いやりんぐ」114号
埼玉県協会「むさしの」333号
北九州市協会「筑紫波」165号
香川県協会「萌」160号
滋賀県社会福祉協議会「じゅげむ」98号
時宝光学新聞3月15日発行
など

本日の郵便

奈良県協会「奈良ナニュース」320号
京都府協会「JOHO」163号
滋賀県手をつなぐ育成会「ぴかっtoアート展報告書」
県立近江学園広報誌「どんぐり」65号
全国ろう学生懇談会「一期一会」2014年度6号

本日の郵便

北海道協会「中失協だより」123号
福島県協会「しゃくなげ」113号
県ろうあ協会「湖国ローアニュース」493号
 近畿の協会幹部研修会で各県での会員の減少問題などが
話し合われたことが載っています。
 県協会も上部団体の負担値上げや消費税アップもあり、
13000円から15000円への会費値上げ案が出ています。

耳の日福祉大会無事終わる

 今日は難聴協会とろうあ協会主催の第30回
滋賀県聴覚障害者福祉大会を栗東さきらで開催しました。
 今回は主管も難聴協会と栗東市聴覚障害者協会(ろうあ協会支部)
との共主管です。

 実行委員及び要員の皆様お疲れ様でした。参加者は約610名と
まずまずの盛況で、内容もとても良かったと聞いております。
というのは、私は本部詰めで全く大会内容そのものは見ておりません。
 しかし、動き回る担当ではないので、歳の身には助かっています。
91歳と最高齢役員のFさんが大会宣言朗読担当をされたことを思うと、
恥ずかしき限りですが…。

本日の郵便

 明後日の福祉大会記念品を聴覚障害者センターに届けたついでに
見てきました。

大分県協会「大分難聴」154号
全要研「全要研ニュース」356号
筑波技術短大「筑波技術短大ニュース」33号
時宝光学新聞3月1日発行
コープしが「福祉ネットワーク通信」77号
県立リハビリテーションセンター「和み」31号
 これには更生相談担当の「耳の相談会」
 3月15日長寿社会福祉センターでの案内チラシ1部も
 同封されていました。

本日の郵便

センターに用事があり、閉館前に行けましたので
チェックしました。

静岡県協会「静難協」310号・311号
岐阜県協会「ながら」108号
岡山県協会「岡山難聴」501号
 これには珍しく指文字五十音全ての紹介記事がありました。

本日の郵便

 今日は理事会と耳の日福祉大会最後の実行委員会がありました。
実行委員会は順調に準備が進んでいますが、参加協力券の販売状況が
目標の6割と低調であることが気がかりです。
皆様口コミでのPRよろしくお願いいたします。

三重県協会「一期一会」78号
広島県協会「難聴通信」242号
和歌山県協会「くろしお」330号
広島市協会「難聴通信」425号
神戸市協会「協会だより」3月号
京都市協会「京都市難聴」459号
県ボランティアセンター「ボランティア情報チャンネル」228号
でした。

PC要約筆記「はみんぐ」サークル

 今晩会議のためセンターに居ましたら、丁度サークル例会日でした。
会議後、30分ほど見学させてもらいました。
 難聴者はIさん一人、要約筆記者4名でした。

 要約筆記現場で感じた問題や課題を真摯に話をされていました。
本人の受容、家族の理解、情報の不足というよりそれ以前の知識の不足などなど…。

 こうした課題を解決すべき術が今すぐ無い現実に、
みみの里の利用者の課題などとも重なって、少し気が重いです。

ご来訪者

プロフィール

滋賀難聴事務局

Author:滋賀難聴事務局
 健聴者になりたいが永遠に難聴(将来は中途失聴?)のミミキオが担当します。

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。