7月難聴者クラブ

 今日は草津の聴覚障害者センターで定例の難聴者クラブを開催しました。
暑いときですので、参加者も少ないかと思いましたが、案に相違し、早くから
参加下さいました。 7名の参加です。

 いつも通りの近況発表と、暑さ対策、健康維持について
各々考えやっていることを話しました。
こうして暑い中、外にどんどん出て行くこと時自体が皆さんの対策効果でしょう。

 次回は8月24日彦根市民会館です。

大津支部手話学習会

 仕事が土曜日休みとなりましたので、長年一度覗いてみたかった学習会に
これまた3年ご無沙汰のNさんを誘って参加しました。

 丁度定刻に会場に着きましたら、たまたま普段より狭い部屋に替わったとかで、
何と十数人も協会員などが集まっていました。要約筆記者も居て満室です。

 長年指導に当たるS先生の手話のお話はユーモアがあり、
適切なポイント指導でさすがに教えるのがお上手だと感心しました。

 我々音声日本語に頼る難聴者の手話は、ろうあの方の手話の文法に則る
見て分かる手話とは、やはり違うことが再認識されました。

 「てにをは」を補うために主語を指差しする
(これが聞こえるものはちょっとためらわれるところがあるからですが…)
ことで明確に区別するところです。

 次回は9月5日土曜日開催で、また参加できそうで楽しみです。

全要研滋賀支部と難聴協会との二団体会議

 今日の午前は標記会議がありました。
県への要望の話や市町の要約筆記派遣制度の課題、
各種行事の相互協力など様々なことについて有意義に話し合いができました。

 午後は聴覚障害者センターで要約筆記コーディネーターを長年された
Yさん主宰の難聴者、中途失聴者向けの要約筆記学習会もありました。

 これには午前のメンバーと午後からの数名も加わって、
日本語の表記についてと、某県某市のワンコイン派遣事業?
についての意見交換をしました。

 協会の行事や要約筆記サークル、センター事業ではなかなか扱えないことを
この学習会では取り上げて、これからもできれば月一回のペースで開くことも
確認されました。

 次回は8月16日(日)聴覚障害者センターで予定されています。
難聴者向けに要約筆記などをより学ぶ良い機会ですが、
私的かつ試行的試みですので、難聴者の参加者が増えると
その情報保障をどうするかとの課題もでました。

 次回はノートパソコンを使ってIPトークによる相互チャット?
情報補完方式で進めていこうとの案が出ております。
 スマホとの連携なども今後のテーマに上がるかも?です。

 要約筆記をより深く理解したい方は是非参加下さい。

要約筆記者の存在

 昨日元理事のNさんの母上の告別式がありました。
享年78歳と現在ではやや早いお年でした。
故人のご冥福をお祈りいたします。

 Nさんとは長い間共に理事をしておりましたが、
お互い仕事や家庭の都合でしばらくご無沙汰でしたが、
不幸の中でも昔と変わらぬ元気な姿を見られ安心しました。

 今回要約筆記者が前日の通夜から付いて下さっており、
私たちには大変心強い存在であることを改めて認識しました。

 一般参列であれば周囲に合わせて行動すれば何とかなり、
通訳場面も喪主のご挨拶内容ぐらいが中心ですが、
側に控えて適時ノートテイクをして下さることは、
式の開催中の心理的不安を抑えていただけるありがたい存在です。

 今回、喪主Nさん付きにお2人、我々難聴者7名の参列に3人と
手厚く配慮していただきました。ありがとうございました。

要約筆記者との合同研修会

 先週に続き今日も学習でした。

 午前は聴覚障害者センターの聴覚障害者補聴関連備品が
10数年ぶりに更新されたのを機会に、最近の機器の学習です。
以前と比べいろいろ良くなっているようです。

 午後は東京から全難聴要約筆記部長でもあるUさんを講師に
要約筆記利用者と要約筆記者が共に力を発揮するためのポイントを
改めて学びました。

 要約筆記を中心とした話の進め方をされるUさんを見て、
自分の言いたいことのみに神経が行って、聞き手の理解を
あまり考える余裕のない私には耳の痛いお話でした。


理事研修会

大変長らくサボりまして申し訳ありません。

 4日、5日の2日間大津市障害者センターで、
久しぶりの研修会を開催しました。

 1日目は改めて社会福祉法人滋賀県聴覚障害者福祉協会のこと
聴覚障害者センターの事業のこと、みみの里のこと、後援会のことなどを
勉強しました。

 2日目は県の職員さんの障害者差別解消法についてのお話を聞きました。
よく精通されているお話で非常に分かりやすかったです。
私たちの今後の努力次第で法律が生きるものか、
死文化?するかがかかっているのではと思いました。
上手に運用されるよう障害者の立場で進めたいですね。

 通常の理事会もスムーズに話し合えたと思います。
我々難聴者がもっと要約筆記を勉強、活用、啓発する必要があるとも再認識しました。

ご来訪者

プロフィール

滋賀難聴事務局

Author:滋賀難聴事務局
 健聴者になりたいが永遠に難聴(将来は中途失聴?)のミミキオが担当します。

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR