スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難聴者のためになる集い開催

今度の日曜日に開催いたします。是非参加下さいませ!

チラシ1

チラシ2
スポンサーサイト

健康対策学習会

 毎年開催の手話通訳者、要約筆記者対象の学習会ですが、聴覚障害者当事者の参加も求められています。
というより、当事者としてもっと学習をするべきと思います。

 後半はとても為になる講義ですし、前半もこの10年間の総括報告がありますので、
例年以上に中身がたっぷりです。

是非皆様のご参加を!!

健康対策学習会

熊本地震募金依頼

全難聴より事務局に下記依頼が届きました。
H28熊本地震義援金のお願い _01

熊本地震 続報

宿谷会長経由
熊本県難聴者協会情報

4月22日
 約120人の聴覚障害者のデータですが、地震で軽傷の人はいたが、重傷者や死者はいない。避難所にいる(いた)人は30人。この30人も含めほとんどの方は車中泊している。理由は強い地震が続くために屋内よりも、自宅の近くの公園やスーパーの駐車場などで夜間を過ごす人が多い。この中で体調を崩す人が出てくるので健康面のサポートが必要になる。
 被害がひどい地域は、最初の強い地震の震源地である益城地区、そして阿蘇の西
原地区、熊本市の東部があるので、優先して支援をしなければならない。

 一人暮らしをしている盲ろう者が複数いるので、そのサポート体制を作らなけれ

(熊本県聴覚障害者情報提供)センターは、登録している聴覚障害者104人・手話・要約関係者37人に対して安否確認のほか様々な情報を送り続けています。その中には被災現場や避難所からのたくさんの情報提供があり、それをさらに皆さんに知らせるなどしてとても喜ばれています。

 日本財団の電話リレーが役に立っています。センターがiPadを5台無償貸与を受けることになりましたので、避難所にいる聴覚障害者に貸与することになっています。

4月23日
 熊本地震が発生してから9日目、ライフラインは戻りましたか? 私は昨夜遅く2週間ぶりにお風呂に入りました。湯船につかりながら、今にも揺れるんじゃないかと神経遣いますね。

 さて、全難聴から電池を含む支援物資が届きました。車に積んで走り回るので連絡ください。電池が足りなくなっても、また追加して届きます。

熊本大震災情報

 熊本がまだまだ大きな余震が続いているようで心配ですね。
宿谷会長から最新の情報が入りましたので転載します。

<全難聴ブログから>
 全難聴では16日朝、急遽震災対応チームを立ち上げました。
対策本部立ち上げとなれば、全要研との連携も必要になってきます。
熊本協会とも連絡を取り合いながら、検討を進めています。
現地では16日夕方、熊本県聴覚障害者情報提供センターを中心に、
聴覚障害者関係対策本部が立ち上げられています。

---------

<全難聴理事でもある宿谷会長20日付け情報>
 熊本県難聴協会の会員の状況をお知らせします。
現在は、全難聴として対応しており、各府県の協会単位での
寄付集めや物資発送の対応などはなさそうです。

(熊本県難聴者・中途失聴者協会被災状況)
正会員49名中
無事の返信あり 39名
安否不明     4名
車中泊      2名
避難所泊 4名

 無事とだけ返事があってる方で、
実際はもう少し避難所にいる方が多い可能性あり。

 その他、正会員以外の方12名にも確認してみたところ、
無事との返事   8名
車中泊      1名
避難所      2名(益城町)
返事なし     1名

 無事との返事をもらった中の1人は「海辺住まいの津波恐怖で、
夜は高台に避難して車で夜を明かし朝に帰ってくる毎日を過ごしています。」と。

---------

 以上です。
また、わかりましたら報告します。

追記:本日全難聴の対策本部が正式に発足しました。
後日募金等の依頼があるものと思います。
皆様もご協力よろしくお願いいたします。



日々を大切に

 先ほどまで元理事Nさんの御尊父の通夜に参列してきました。
昨年の夏に尊母を亡くされたばかりで、80歳と高齢とは云いながら
淋しく悲しいことです。

 昨年末に私も93歳の父を亡くしましたが、やはり幾つになっても
子にとって父は精神的な支えでありましたので、ご遺族の心中をお察しいたします。
合掌…。

 ただいまは九州の熊本を中心に、阪神大震災や東北大震災とは違った大きな災害が続いています折、被災地の皆様の心中も想像し難い状況にあるかと思います。被災地の同障者の皆様の安否、生活なども気に掛かりますが、今の私には募金協力程度しかできませんが、これからも日々の生活を一日一日大事に頑張って生きていきたいと改めて考える夜です。

定期総会が無事終わりました

 今日、28年度の定期総会がありました。
40名ほどの会員参加がありました。
役員も全て承認され今後二年間引き続き現執行部で運営に当たります。

 ホームページのデータも近日中に更新します。
大きな課題は、やはり会員増ですね。
開店休業状態のこのブログももっと更新を活発化しないと
いけないのですが…。

法人創立20周年記念誌販売

 先の20周年記念式典には滋賀県中途失聴難聴者協会から一般参加がほとんどありませんでした。非常に残念でした。
そこで欠席の方にもこの20年間のあゆみがよく分かる記念誌が発行されていますので、是非購入し読んでいただけるとありがたいです。

20151119_211312.jpg

1冊800円です。ご希望の方は事務局または直接聴覚障害者センターまで。

名刺の注文

 本日、うどん県大会に参加される理事から耳マーク付き名刺の注文を受けていたので、
みみの里IT班で作製印刷したものを届けました。
遅まきながら、PRさせてもらいます。

 パソコンを利用した簡易な方法ですので、個人でもされていると思いますが、
みみの里ではスタッフの作業の一つとして受注作製をしています。
盲ろう者の学習も兼ね、点字うちも合わせて行っています。

 基本最初の原本作成料が1,000円で1枚6円の印刷代としています。
点字は団体名と氏名で1枚10円です。

 50枚作製すると、点字付きで1800円となります。
次回注文からは原本そのままで印刷代と、点字のみで800円です。
(点字抜きは300円)

 皆様も各地の同障友人との連絡先交換用に是非ご注文下さい。
みみの里FAX077-585-7144まで。

邦画「レインツリーの国」字幕上映期間

 昨日の難聴者教室は大変良い内容だったと自画自賛しておりますが、
一番聞いて欲しい若い難聴者はあまり来ていないのは残念でした。

 さて、標題は感音性難聴の女性の恋愛を描いた有川浩さん原作の映画です。
今週の土曜日から滋賀ではイオンシネマ草津と大津アレックスシネマで公開されます。
私も楽しみにしております。是非皆様もご覧下さい。

 字幕についての公式ページは以下です。

日本語字幕付き上映のお知らせ

京都府聴覚言語障害センター見学

 本日職務上の研修で、この5月に新設オープンしました京都府城陽市にあります
標記センターを見てきました。

 JR城陽駅から徒歩3分くらいの便利なところにある3階建ての立派な建物で、
2階の一部に視覚障害者協会の事務室・会議室等も併設ですが、
ほとんどが聴覚障害者関連事業の施設です。
すなわち

・聴覚障害者情報提供施設→ 交流室に府難協事務所(テーブル一つのみ)あり
・就労継続支援B型事業所「みなみかぜ」(カフェ・館内清掃)
・山城地域活動支援センター「陽(ひなた)」
・自立訓練(機能訓練)「こみ・さぽ・みなみかぜ」→難聴者、盲ろう者中心

 土日がお休みですが、カフェもありますので、お友達と一度見学されるのも
良いかと思います。オープンから既に延べ3千人以上見学に来られたとか。

聴覚障害者センター20周年

明後日18日日曜日は近江八幡市のアクティ近江八幡にて
社会福祉法人滋賀県聴覚障害者福祉協会の創立20周年記念行事があります。
協会員の方もご参加下さい。

記念行事案内ブログ

難聴者教室講師の紹介

 講師の水野映子さんは、
聴覚障害者(聞こえにくい人・聞こえない人)が働く職場におけるコミュニケーションの現状や課題などについて、聴覚障害者・健聴者(聞こえる人)・企業に対して調査研究を行っています。

 その結果をふまえながら、働く聴覚障害者・健聴者それぞれの立場からみたコミュニケーションの壁についてお話いただきます。

 なお、水野さんの執筆したレポートは、以下のホームページに掲載されています。

水野映子さんのレポート

難聴者教室開催のお知らせ

来月15日に下記案内の催しを行います。
ぜひお越し下さい。

難聴教室チラシ表
難聴教室チラシ裏

難聴者の要約筆記勉強会

 今月はノートパソコンで実際にIPトークを使った入力、
難聴者同士のチャット(同時文字入力)で
秋に行う予定の組織強化事業の会場探しをテーマに
難聴者同士でやりとりをしました。
要約筆記者は進行の見守りに徹しておられました。

 入力後の表示タイミングや、改行などが難しく表示の前後が違ったり、
他者の発言内容に次者が本文をくっつけてしまったり、
入力が遅く上げるタイミングを逸したり、
要約筆記者の苦労の一端も垣間見えました。

 しっかり重要な内容は文字で伝わりますし、
同報メールとは違ってお互いの顔を確認したり、
未入力発言で補完したりで、要約筆記者が居ないときには
大切なことを漏らさず確認できるかもと思いました。
機器の準備等実際は難しいですが…。

 ただ、入力に気を取られ話題の議論に集中ができない中途半端さもありますし、
話が混乱したときの整理が難しく思いました。
 このような新しい技術や手段の試行も面白いですね。

 9月も連休中(22日か?)に開催予定です。

第24回全国盲ろう者大会

 今年も標記大会に参加してきました。もちろん介助通訳者としてです。
静岡市で開かれましたので、開会式には全難聴からの来賓として
地元の佐野事務局長が顔を見せておられました。
挨拶がてらみみの里のお土産を差し上げました。

 盲ろう者体験文コンクールには、何と!かって全難聴近畿ブロックで
和歌山の会長をされていた旧知の小杉さんが最優秀で表彰されました。
十数年前に失明されて、11年前に友の会を作り今は和歌山の理事長です。

 この大会に参加されることは参加者名簿で事前に知っていたので、
旧交を温めることを楽しみにしていましたが、
そのことは知らなかったのでびっくりしました。

 難聴なので近くでお話しする分には支障がありませんでした。
大会内容はループ席で聞き、状況通訳などは耳元音声通訳を介助者から
受けておられます。

 盲ろう者の介助通訳の制度もまだまだ欠陥が多く、
目下厚労省との話し合いで来年の見直しには実りある事を願っています。

 また、我々のきこえのセンター設立の夢と同じく、
盲ろう者専門の支援センター設立への夢も
既にあるアメリカ、スウェーデンへ留学した盲ろう者の報告から膨らみます。

 猛暑の中ですが、クーラーの効いた会場で、
盲ろう者の方々の楽しいそうな交流を近くで見て、
私も精神的な力をいただき有意義な3日間を過ごし帰ることができました。

7月難聴者クラブ

 今日は草津の聴覚障害者センターで定例の難聴者クラブを開催しました。
暑いときですので、参加者も少ないかと思いましたが、案に相違し、早くから
参加下さいました。 7名の参加です。

 いつも通りの近況発表と、暑さ対策、健康維持について
各々考えやっていることを話しました。
こうして暑い中、外にどんどん出て行くこと時自体が皆さんの対策効果でしょう。

 次回は8月24日彦根市民会館です。

大津支部手話学習会

 仕事が土曜日休みとなりましたので、長年一度覗いてみたかった学習会に
これまた3年ご無沙汰のNさんを誘って参加しました。

 丁度定刻に会場に着きましたら、たまたま普段より狭い部屋に替わったとかで、
何と十数人も協会員などが集まっていました。要約筆記者も居て満室です。

 長年指導に当たるS先生の手話のお話はユーモアがあり、
適切なポイント指導でさすがに教えるのがお上手だと感心しました。

 我々音声日本語に頼る難聴者の手話は、ろうあの方の手話の文法に則る
見て分かる手話とは、やはり違うことが再認識されました。

 「てにをは」を補うために主語を指差しする
(これが聞こえるものはちょっとためらわれるところがあるからですが…)
ことで明確に区別するところです。

 次回は9月5日土曜日開催で、また参加できそうで楽しみです。

全要研滋賀支部と難聴協会との二団体会議

 今日の午前は標記会議がありました。
県への要望の話や市町の要約筆記派遣制度の課題、
各種行事の相互協力など様々なことについて有意義に話し合いができました。

 午後は聴覚障害者センターで要約筆記コーディネーターを長年された
Yさん主宰の難聴者、中途失聴者向けの要約筆記学習会もありました。

 これには午前のメンバーと午後からの数名も加わって、
日本語の表記についてと、某県某市のワンコイン派遣事業?
についての意見交換をしました。

 協会の行事や要約筆記サークル、センター事業ではなかなか扱えないことを
この学習会では取り上げて、これからもできれば月一回のペースで開くことも
確認されました。

 次回は8月16日(日)聴覚障害者センターで予定されています。
難聴者向けに要約筆記などをより学ぶ良い機会ですが、
私的かつ試行的試みですので、難聴者の参加者が増えると
その情報保障をどうするかとの課題もでました。

 次回はノートパソコンを使ってIPトークによる相互チャット?
情報補完方式で進めていこうとの案が出ております。
 スマホとの連携なども今後のテーマに上がるかも?です。

 要約筆記をより深く理解したい方は是非参加下さい。

要約筆記者の存在

 昨日元理事のNさんの母上の告別式がありました。
享年78歳と現在ではやや早いお年でした。
故人のご冥福をお祈りいたします。

 Nさんとは長い間共に理事をしておりましたが、
お互い仕事や家庭の都合でしばらくご無沙汰でしたが、
不幸の中でも昔と変わらぬ元気な姿を見られ安心しました。

 今回要約筆記者が前日の通夜から付いて下さっており、
私たちには大変心強い存在であることを改めて認識しました。

 一般参列であれば周囲に合わせて行動すれば何とかなり、
通訳場面も喪主のご挨拶内容ぐらいが中心ですが、
側に控えて適時ノートテイクをして下さることは、
式の開催中の心理的不安を抑えていただけるありがたい存在です。

 今回、喪主Nさん付きにお2人、我々難聴者7名の参列に3人と
手厚く配慮していただきました。ありがとうございました。

ご来訪者

プロフィール

滋賀難聴事務局

Author:滋賀難聴事務局
 健聴者になりたいが永遠に難聴(将来は中途失聴?)のミミキオが担当します。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

最新コメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

カテゴリ

最新トラックバック

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。